子供が託児所でけんかをしてしまったら

子供が託児所でけんかをしてしまったら

長い集団生活のなかで、子ども同士がけんかをしてしまうことはよくあることです。けんかによって、子どもは意思表示をすることになり、そして相手の気持ちに気付く場でもありますので、保育士さんは必ず止めに入るものでもないのです。子ども同士で解決するようにサポートをしてあげるのが、保育士の仕事です。そして親は、子どものことを叱るのではなく、気持ちを落ち着かせ、良いこと悪いことをわからせてあげるようにしましょう。悪いことをしてしまったときは、謝ることも必要になってきます。子どもとの一緒の時間を増やしたり、保育士さんとのコミュニケーションをより多く取るようにして、信頼関係を築いていくことが最善の方法かもしれませんね。

子ども同士の「ケンカ」は、保育園や託児所ではたびたび起こるトラブルですね。まだ小さいお子さんは、自分の気持ちを伝えられずに別の子のことを叩いたり、噛み付いたりすることがあります。おもちゃの取り合いなども起こりますよね。保育士さんはケンカが起こったら仲裁に入らないといけないかもしれません。手を出してしまった時は止めないといけないですが、口げんかの場合は、少し様子を見て、場合によってはなかに入って話を聞いてあげたりするのがよいかもしれません。解決を自分たちでさせよう、という意図からです。もし、怪我をして(させて)しまったときは、ご両親へ伝える義務はあるかもしれませんが、犯人を特定するような言い方はしないようです。

保育所や託児所にお子さんを預けて働いているママは、毎日楽しく過ごしてくれているなら安心ですが、だんだん大きくなってくると、子ども同士のけんかが起こることもあります。感情をコントロールすることなど、大人でも難しいのに、子どもはその怒りを相手にぶつけてしまうものです。預けている間は、保育士さんが子どもたちを見ていてくれているので心配ありません。帰る頃は仲直りをしているもので、親は、こういうことがあった、と結果を聞くだけになるかもしれません。お友達にけがをさせないようにするのは親の役目ですので、家での子どもとの接し方も気をつけるようにしたいですね。ケンカは子どもの成長過程で起こりうるものです。広い心で受け止めてあげてください。

託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】